2017年1月アーカイブ

格安引越し業者の問題点とは

価格の安い引越し業者に依頼すると、担当者と作業員の二人だけが来て非常に時間がかかってしまう可能性があります。このような格安の引越し業者は、当日だけ仕事をしてもらう日雇いアルバイトを使っている場合が多いので、作業効率はかなり落ちてしまいます。
b3fe8bfc30ddcdc42f1ebbd6a8fdf03b_s.jpg
問題なのは、家具類などを破損させないように移動できるかどうかです。不慣れなスタッフが作業をするので、作業現場に立ち会っていると非常に精神的に落ち着かない可能性があります。

そのような状況を見ることがストレスだと感じる場合には、作業内容が非常にスピーディーで安全に引越し作業をやってもらえる、大手の引越し業者に依頼するべきです。

このあたりの安心感が全く違ってくるので引越し業者の費用も相当に高くなることが分かります。結局は、作業内容が全然変わるので多くのお金が必要となる訳であり、破損する可能性を出来るだけ低くしながら全てが移動できる事を優先するなら、格安引越し業者でも良いことになります。

このような作業の質とスピード、そして安心感を考慮に入れて引越し業者を選択するようにしていけば、自分のイメージするベストな引越し業者を選択する事が可能になります。その情報をチェックするためにネットを活用していくべきです。

テーブル 引越し 料金の相場は?

タグ

2017年1月16日

hadajuntou0482 (12:21)

カテゴリ:引越し

引越し当日に見積もりの内容に漏れがある場合

引越しをするときに業者に依頼している場合、いくつかのトラブルが出てしまう可能性があります。その1つが、見積もりの漏れです。

7e216cbaec5c823ecfcfc6f200d2d3a0_s.jpg

見積もりを依頼した段階においては全て入れている段取りだった物が、実際の引越し当日にチェックしてみると見積もり書の中に入っていない場合があるのです。

引越し業者のミスであれば無料でそれらを積載してもらえる可能性が高いですが、こちらが申請することを忘れている場合には追加料金で乗せてもらえる可能性があります。

もしくは、ギリギリのサイズのトラックを使用している場合には、すでに満杯で入れることができない可能性もあるのです。そのような可能性を想定してトラックのサイズを準備するのですが、見積もりの段階においてどうしてもコストを下げたいので、トラックのサイズをワンランク下げる相談をする事もあるのです。

このように、実際に引越の当日においていくつかのトラブルが発生してしまうと、引越しの見積もりした料金以上に引越し費用が必要になってくる可能性もあります。

その為、かなり前から予定している引越であったとしても、当日に予定外にお金が必要になる可能性を考慮しておくべきです。このような教訓は今後の生活にもつながってくるので、ブログなどで情報発信する考え方も有効です。

タグ

hadajuntou0482 (12:20)

カテゴリ:引越し

このページの先頭へ

体の筋力