緩衝材の詰め方が大事な精密機械の梱包

マウス1.jpg

パソコンやDVDプレイヤーといった精密機器の運搬は只でさえ気を使うもの。特に忙しいスケジュールの中で扱いが乱雑となり易い引越しの最中であれば尚更です。
最近では宅配業者や引越し業者に依頼すれば専用の緩衝構造のダンボール箱を提供してくれる為大変便利になったのですが、前回の引越しではそういったチャンスも無い全て自前での作業。当然梱包材も専用のものは用意出来ず、既に外箱を失ってしまったパソコンの運搬にはそれなりの工夫が必要となったのです。

単身パック 一番安い 業者を探す方法
とは言っても、私がとった対策は一般の発泡スチロール片を利用した大変シンプルなもの。家の中ですでに不要となった発泡スチロールを3、4センチ程度の小片にまで砕いて適量づつ小さなビニル袋に入れ、ダンボール箱の中央に置いたパソコン本体の周囲に敷き詰めてゆくというもの。
もちろんその底面にも発泡スチロール入りのビニル袋を挟み、またパソコン自体も異物が筺体内に入らない様厚手のビニル袋にスッポリ包んで保護しました。
引越し先は比較的遠かったものの、レイアウトも終わって開梱したところ破損や傷も一切無く無事運搬は成功。その効果に確信を持つ事が出来たのでした。次の機会には壊れ易い家電全般にまで範囲を広げ、試してみたいと思っています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年12月13日

hadajuntou0482 (15:57)

カテゴリ:引越し

« 引越し直前に思わぬ形で大物の処分に成功 | ホーム | 引越し当日に見積もりの内容に漏れがある場合 »

このページの先頭へ

体の筋力