近所の話

57df02a82c1b3b6a521d5a49082c4fc3_s.jpg

365日ではないけれど、週に2日以上!という目標を掲げて、自宅周辺の散歩を定期的に実施したいと考えて、実行を志してまいりました。毎日の気づきをメモ帳に集めるまでもなく、周囲の環境の変化に関し私は目をつけました。次々と、新たな家が立っていること。新たな家には住人が確実に、契約されていっている様子。こんな感じで地元エリアに活気が出てきた感触を今こそ書いておきたいのです。数年前に空き地だったはずなのに、引っ越してきたんだろうな〜と、周辺地域の人気の向上を肌で感じます。どちらの方からお引越しなさったんですか?って感じで、突撃インタビューできない現実は、寂しいことです。
現在の住まいにこだわりはなくて、早く脱出したいほどだった願望は、私自身について大きな変化がないのです。隣町に住んでいた仲良しの友人も今は住んでいません。彼は数年前に引っ越してしまい、それっきり会う回数も随分減りました。
頭が疲れてきたので、話題を少し変えてみます。毎日が忙しく、しかし同時に平和な毎日を怖く感じたりする瞬間は、無いと言い切れません。自分が50歳になるまでには、年数も10年は以上あるのだけれど、ついつい油断すれば月日の経過が超高速だってこと、忘れてられません。
何が言いたいのかといいますと、毎日の生活をさらに工夫して、満足度の高い毎日を意識的に増やして行きたい!それから、住みたくないと思う町でも積極的に関心を持って、根本的な自分の考え方に修復も加えてみたいなというターニングポイントとしての立ち止まりです。足を止めることです。日本語を上手く選べないけれど、今ならではの表現だと思って、一度こんな感じで日記文面を保存したいと思います。
引越しのない人生を送りたいと言っていた学生時代の友人は、卒業後に転勤ばかりの仕事を頑張っています。辞めずに続けていることを、私からも評価したいいと感じています。
書きたいことは、まだまだあるけれど他にやることもあるので、まずは自分の歯を磨いて参ります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年12月 9日

hadajuntou0482 (14:28)

カテゴリ:引越し

« 使える物は下取りしてもらう | ホーム | 地元の引越し業者を選ぶメリット »

このページの先頭へ

体の筋力