2015年12月アーカイブ

地元の引越し業者を選ぶメリット

9f30f99fca22d908579e5c3d259d185a_s.jpg

地元の引越し業者がどのような業者がいるのか調べる事が大事です。テレビCMなどで話題にならない業者が必ずいるので、その様な業者をタウンページなどでチェックしてみるか、引越し業者などの情報を網羅している引越比較サイトなどで確認してみるのです。

自分の住んでる地域を入力して引越し業者の情報を一覧表示すると、見たことがないような業者を確認することが出来るはずです。

地元の業者のメリットは、見積もりをした段階でも安くしてもらえる可能性が有るのです。細かなことはあまり気にせずに、当日にトラックの中に入るものは何でも入れてくれる可能性も有ったりして、地元ならではのリラックスした見積もりの話をする事ができます。

そして、値下げの段階になると、大手の引越し業者よりも何割か安くサービスをしてくれるので、それ以上の交渉は難しい状態になります。地元の業者であっても切り詰める部分は切り詰めているのでそれ以上はやはり美しい状況なのです。

そのあたりを考慮して、ある程度の引越し費用とサービスの質を求めるなら地元の業者を選ぶのは悪くない方法です。何度か業者を利用した人がいれば、その人に意見を聞く事が大事です。親戚や会社の同僚などに話を聞いて良い業者かどうか確認するのです。

タグ

2015年12月 9日

hadajuntou0482 (14:30)

カテゴリ:引越し

近所の話

57df02a82c1b3b6a521d5a49082c4fc3_s.jpg

365日ではないけれど、週に2日以上!という目標を掲げて、自宅周辺の散歩を定期的に実施したいと考えて、実行を志してまいりました。毎日の気づきをメモ帳に集めるまでもなく、周囲の環境の変化に関し私は目をつけました。次々と、新たな家が立っていること。新たな家には住人が確実に、契約されていっている様子。こんな感じで地元エリアに活気が出てきた感触を今こそ書いておきたいのです。数年前に空き地だったはずなのに、引っ越してきたんだろうな〜と、周辺地域の人気の向上を肌で感じます。どちらの方からお引越しなさったんですか?って感じで、突撃インタビューできない現実は、寂しいことです。
現在の住まいにこだわりはなくて、早く脱出したいほどだった願望は、私自身について大きな変化がないのです。隣町に住んでいた仲良しの友人も今は住んでいません。彼は数年前に引っ越してしまい、それっきり会う回数も随分減りました。
頭が疲れてきたので、話題を少し変えてみます。毎日が忙しく、しかし同時に平和な毎日を怖く感じたりする瞬間は、無いと言い切れません。自分が50歳になるまでには、年数も10年は以上あるのだけれど、ついつい油断すれば月日の経過が超高速だってこと、忘れてられません。
何が言いたいのかといいますと、毎日の生活をさらに工夫して、満足度の高い毎日を意識的に増やして行きたい!それから、住みたくないと思う町でも積極的に関心を持って、根本的な自分の考え方に修復も加えてみたいなというターニングポイントとしての立ち止まりです。足を止めることです。日本語を上手く選べないけれど、今ならではの表現だと思って、一度こんな感じで日記文面を保存したいと思います。
引越しのない人生を送りたいと言っていた学生時代の友人は、卒業後に転勤ばかりの仕事を頑張っています。辞めずに続けていることを、私からも評価したいいと感じています。
書きたいことは、まだまだあるけれど他にやることもあるので、まずは自分の歯を磨いて参ります。

タグ

hadajuntou0482 (14:28)

カテゴリ:引越し

使える物は下取りしてもらう

引越を簡単にするためには、手持ちの道具を出来るだけ少なくしていく事が大事なのです。と言うことは、現在使っているテーブルが引越し先でも使うのかどうか、または、テレビやその他の家電製品で老朽化がしているタイプは、引越し先では新しいタイプに買い替えたいと思うのです。
b6d682d720836e4b835554042a805547_s.jpg
その様な物があれば、引越しをする前日あたりにリサイクルショップに下取りしてもらうのです。ほとんど価格がつかないような物であったとしても、まだ使える物を粗大ゴミとして捨てるのはエコの観点からも避けるべきです。

その様な状況に有るため、安い価格でリサイクルショップに引き取ってもらい、新居においては必要な物を新たに購入するようにします。当然のようにこれまで使っていた物を下取りに出して得たお金は微々たる物なのでほとんど、新しい商品の足しにはならないのです。

それでも、新しいタイプの家電製品に切り替えるのは気持ち的にも良いし、新型の電化製品を使い始めるというのは非常にワクワクします。なので、気分を一新するために現在使えるような物でも出来るだけ、リサイクルショップに下取りしてもらいすっきりするという考え方があるのです。

物が減らせば引越しの費用も大幅に減るので非常にメリットがあります。

一番安い引越し業者の探し方

タグ

2015年12月 3日

hadajuntou0482 (09:48)

カテゴリ:引越し

引っ越しの失敗から学んだ事

先日、ようやく引っ越しが終わり一安心しています。
その引っ越しの原因となったのが前の物件に引っ越して約1年、つくづく失敗な引っ越しだなーと感じたからです。

自分は転勤で引っ越しを今までに計5回しているのですがその中でも特に「失敗したな・・・」と思ったのが前回の物件。

何といっても部屋の中が汚い。これだけです。。。

これだけ見ると「なんだ、そんなの初めに見れば分かってたんじゃないの?」というような問題なのですが違うんです!

順序立てて説明していくと、まず物件選びの時にいろいろな部屋を見て2個候補がありました。
2つの物件で「どうしようか」と悩んでいた所、片方の物件は床も壁紙も張り替えます。
そしてなんとエアコン等の設備もすべて新しい物と交換しますとの事!

これは願ってもないチャンスとばかりに食いついた私!
気づけば二言返事でそこにしますと決めていました 笑

そして入居当日!
ドキドキとワクワクで引っ越したのですが蓋を開けてみると何か違和感が・・・

きれいなはずの部屋なのにどこかしらたばこ臭いんです。
その時は部屋も1回でロビーも近かったため喫煙所なんかが近くにあるのかな?と思っていました。

荷物も運び終わり、ほっとしたのも束の間。
床がざらざらするんです。雑巾で拭いてみると砂のようなものが・・・
まさかと思いカウンターの上も拭いてみるとたばこのやにのような黄ばみがつくのです。
トイレの床も黄色い。お風呂の浴槽も黄色い。

22bd16049a7fdb63018da19ae81458b1_s.jpg
そう!前の入居者さんがかなりのヘビースモーカーだったんです!
そこでようやくピンときました。床、壁紙、エアコンすべてが張り替え、交換だった意味が・・・

すぐさま管理人さんに確認したところ直す個所が多すぎて清掃業者が行ったり来たりで清掃不十分だったんじゃないかと。
もう荷物を運んでしまった後なので清掃業者も入れない。仕方なく自分で掃除することに。
ただお風呂場の黄ばみ等は取れません。仕方なく浴槽はお湯を溜めずに1年過ごしましたが我慢できずに引っ越す事にしました。

ほんと甘い汁には罠がありますね 笑
そんな基本的なことを学んだ今回の引っ越しでした 笑

タグ

hadajuntou0482 (09:44)

カテゴリ:引越し

このページの先頭へ

体の筋力