引越しの思い出

春夏秋冬、JAPANが大好きです。国内ならばどこに引っ越しても楽しい人生が送れそうです。ただし、孤独は怖いです。友人少なくても、親友一人いたら助かります。人間色々、人生も色々、裏切る人・裏切られる人が存在するJAPAN、過去は過去です。未来に希望抱いて、引っ越し荷物をまとめています。
学生時代の自分を思いおこす今日この頃。親とのコミュニケーションの重要具合も感じている、それも今日この頃です。何しろ多感な時期なのです。反抗期も、ちょうど今です。母にも父にも非協力的な自分は、きっと今だけです。よくぞ元気で生きてくれています。神様が居ると信じて、良い子ちゃんを演じれば私も可愛らしくなって行くでしょうけれど、人生において反抗期は必須な期間です。メリハリつけて生きることはカッコよさなのです。自論です。私の主張なんて、大したことないけれど、こう見えても私は数年後に有名人になる予定です。私が書いたブログは、やがて価値を高めます。自叙伝に乗るかもしれない内容がチラホラと散りばめられています。大きく話が逸れてしまいました。書いた文字消しちゃうのも惜しいので、据え置きします。学生時代の借家の話を書くはずだったのに大幅な蛇足気味ですね。

a6ac1b479402f945940f87669a882c79_s.jpg
当時アパートを借りた私は、キッチリした性格ゆえに家賃滞納できないので、どうしていいかわからなくなったのです。実家に逃げ込んだ私は情けない過去を背負って今も生きています。高校卒業し、次の学校通うために引っ越した私は3年以上実家から離れたエリアで自炊生活せねばならなかったのです。過去は今さら振り返りたくないです。自分で書いていて、非常に恥ずかしいです。学生時代はカラオケに沢山行きました。全国各地から引っ越してきた同級生と仲良くなったので、卒業の際は寂しさが有りました。再会チャンスなんて無いんだろうなと考えたりしたのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年8月24日

hadajuntou0482 (10:16)

カテゴリ:引越し

« 大手の引越業者が良いこと | ホーム | ソファーが積載しにくかったこと »

このページの先頭へ

体の筋力