最低限の道具を引越し業者に依頼する

引越しを業者に依頼すると、引っ越し 荷造り サービスなどを含めるとある程度の金額になってしまうので、主要な部分だけを依頼するのは良い考え方だと思います。一人で持てるサイズのダンボール箱に梱包できるのなら、自分でも移動することは容易です。

大型のトラックに一度に積載することが合理的ではありますが、車をレンタルするのもお金がかかるので、マイカーで数回往復するという考え方を選ぶのです。そして、冷蔵庫やソファーなどの、マイカーで困難な道具に関しては、引越し業者を使うのです。

最低限の家財道具を依頼するので、引越しの見積もりも数万円とかなり、安い金額が提示されるはずです。ここまで安いと、引越し業者間で競合させるのも申し訳ないような感じになるので、電話である程度の家具類を話して、見積もりの数字を出してもらうのです。
a0001_015895.jpg
その数字で業者を決定する方が良いと思います。ただ、実際に現場に来てトラックに積み込んでから追加料金を請求されることもあるそうなので、いくらかのお金は準備しておく必要があります。

そのように、必要な部分だけ引越し業者を依頼するように考えるのであれば、多くの引越し費用に悩むことはなくなります。ただ、自分で往復する回数が増えるので、引越し費用を抑える分は自分での努力が必要になるのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年12月25日

hadajuntou0482 (11:52)

カテゴリ:引越し

« 引越しの際にフィギュアを梱包したこと | ホーム | 過去の引っ越し作業の失敗を思い出しました »

このページの先頭へ

体の筋力